選挙速報・開票結果

長久手市議会議員補欠選挙 結果速報と開票結果2019 当選者と立候補者の情勢

本記事では2019年8月25日に投開票となる愛知県長久手市議会議員補欠選挙2019(長久手市議補選)の結果速報として、確定するまでの開票結果についてリアルタイムでご紹介していきます。

立候補者名一覧と当選者や落選者、選挙情勢や投票率などについてもご紹介します。

長久手市議会議員補欠選挙2019の結果速報と開票結果・当選者一覧情報

長久手市議会議員補欠選挙2019の開票結果は開票速報情報や出口調査情報などが発表され次第、本ページを更新していきます。

投開票まで少々お待ちくださいませ。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
9681 冨田 英治 47 無所属 自営業
とみだ えいじ
2992 浅野 政之 47 無所属 団体役員
あさの まさゆき
2511 都築 徳紀 72 無所属 無職
つづき とくのり

長久手市議会議員補欠選挙2019の立候補者から見る選挙情勢

8月18日告示、同25日投票の長久手市議会議員補欠選挙には、辞職に伴う欠員1に対して3名の立候補がありました。

党派別・新旧別の内訳は以下の通りです。

 

 

現職 元職 新人
無所属 0(0) 1(0) 2(0) 3(0)

 

 

元職1名、新人2名の戦いとなりました。全員無所属で男性です。

 

今回の補選は、元市議の佐野尚人氏が同日投票の市長選に立候補し、7月末をもって議員辞職したことに伴う選挙です。

 

本来、議員定数の1/6(長久手市議会は定数18のため、3)を上回る欠員が発生しないと補欠選挙は実施されませんが、市長選挙がある場合のみ補欠選挙が実施されます。

 

長久手市議選は今年4月に実施され、市議選後3ヶ月以内に辞職があった場合は次点候補が繰り上がり当選するルールですが、今回は3ヶ月を少し経過しているため、適用されませんでした。また、前回市議選は無投票当選だったため、次点候補そのものが不在でした。

 

市では今年4月の県議会議員選挙、市議会議員選挙ともに無投票当選で、有権者は投票する機会がありませんでした。同日投票で現職・新人三つ巴の争いとなる市長選挙とともに、今回は熱い選挙になりそうです。

長久手市の特徴や抱える課題

長久手市は愛知県北西部にある人口約6万人の街です。戦国時代の「小牧・長久手の戦い」の舞台として知られています。北東に隣接する瀬戸市と共に、2005年愛知万博「愛・地球博」の開催地となりました。

 

2005年の愛知万博開催と同時に、会場への輸送手段として磁気浮動式鉄道、いわゆるリニアモーターカー(愛称リニモ)で名古屋市と結ばれて以来、名古屋市のベッドタウンとして一気に開発が進んで人口が急増しました。2008年に人口が5万人を突破し、2012年から市制を施行しています。

 

ベッドタウン化によるファミリー層の流入と、愛知県立大学など大学キャンパスの進出で学生の居住人口も多いことから、住民の平均年齢が日本一若い37.7歳(2010年国勢調査)の市となりました。児童数1000人を超えるマンモス小学校が誕生するなど、市内では少子高齢化や人口減に直面する地方都市とは異なる風景が広がっています。

 

将来の人口推計では、長久手市の人口は2040年でも増加を続ける予測です。しかし、東京多摩や千葉、大阪千里などの例もある通り、各地で一気に人口が増えたニュータウンでは開発開始数十年後の今では高齢化が深刻になっています。長久手市も将来的にはさらに便利な名古屋市中心部などへの人口流出、空洞化が起きる可能性もあると指摘する有識者もいます。

 

長久手市では2016年に、「幸せが実感できるまち」を住民主体で実現するための、『第二次まちづくり行程表』を発表し、これに必要な3つの基本理念として、

1)「つながり」一人ひとりに役割と居場所があるまち

2)「あんしん」助けがなかったら生きていけない人は全力で守る

3)「みどり」ふるさと(生命ある空間)の風景を子供たちに

を掲げ、住民同士の触れ合いを重視し、定着人口を増やす政策を実施しています。

 

今年はこの行程の最終年にあたり、その進捗の最終確認と、次の政策を策定する節目の年でもあります。今回の市議補選で選ばれた議員には、同日投票の市長選で選ばれる市長と共に、行程表の総括と新しい政策の策定に力を尽くす必要があり、市民の注目も高まっています。

まとめ

以上、長久手市議会議員補欠選挙2019(長久手市議補選)の開票結果・開票速報情報でした。

選挙権を持っている方は是非投票所へ足を運びましょうね!

情報は随時更新していきます。

error: Content is protected !!