選挙速報・開票結果

仙台市議会議員選挙【青葉区】結果速報と開票結果2019 当選者と立候補者の情勢

本記事では2019年8月25日に投開票となる宮城県仙台市議会議員選挙(仙台市議選)の青葉区選挙区の結果速報として、確定するまでの開票結果についてリアルタイムでご紹介していきます。

立候補者名一覧と当選者や落選者、選挙情勢や投票率などについてもご紹介します。

▼仙台市議選2019の選挙区情報はこちら▼

仙台市議会議員選挙【青葉区選挙区】2019の結果速報と開票結果・当選者一覧情報

仙台市議会議員選挙【青葉区選挙区】2019の開票結果は開票速報情報や出口調査情報などが発表され次第、本ページを更新していきます。

投開票まで少々お待ちください。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
6980 佐藤 わか子 66 立憲 仙台市議会議員
さとう わかこ
6364.94 加藤 健一 50 無所属 東北電力株式会社員
かとう けんいち
6158 跡部 薫 54 自民 仙台市議会議員
あとべ かおる
6144 伊藤 優太 34 無所属 株式会社ステラ社員
いとう ゆうた
5558.06 加藤 和彦 52 自民 合資会社加藤商店役員
かとう かずひこ
5473 西沢 啓文 64 自民 仙台市議会議員
にしざわ ひろふみ
5290 村上 一彦 62 立憲 仙台市議会議員
むらかみ かずひこ
4823 菅野 直子 47 共産 政党役員
すげの なおこ
4727 樋口 典子 60 社民 管理栄養士
ひぐち のりこ
4694 嶋中 貴志 59 公明 仙台市議会議員
しまなか たかし
4572 鎌田 城行 56 公明 仙台市議会議員
かまた しろゆき
4402 高橋 卓誠 35 自民 仙台市議会議員
たかはし たくみ
3932 郷古 正太郎 34 国民 政党県連役員(国民民主党)
ごうこ しょうたろう
3882 岩松 貴子 48 自民 株式会社貴玲代表取締役
いわまつ たかこ
3856 岡部 恒司 60 自民 仙台市議会議員
おかべ こうじ
3431 屋代 美香 56 自民 仙台やしろ商事(株)代表取締役
やしろ みか
3142 花木 則彰 59 共産 団体職員
はなき のりあき
2880 大草 芳江 37 無所属 有限会社FIELD AND NETWORK取締役
おおくさ よしえ
2793 松井 秀明 50 共産 政党役員(日本共産党)
まつい ひであき

仙台市議会議員選挙【青葉区】2019の立候補者一覧から見る選挙情勢

今回の仙台市議会議員選挙(青葉区)には、定数15に対して19人が立候補しました。

党派別、新旧別の内訳は以下の通りです。※()内は女性

 

現職 元職 新人
自民党 6(1) 0(0) 1(1) 7(2)
共産党 2(1) 0(0) 1(0) 3(1)
公明党 2(0) 0(0) 0(0) 2(0)
立憲民主党 2(1) 0(0) 0(0) 2(1)
社民党 1(1) 0(0) 0(0) 1(1)
国民民主党 0(0) 0(0) 1(0) 1(0)
無所属 1(0) 1(0) 1(1) 3(1)
合計 14(4) 1(0) 4(2) 19(6)

 

現職14名、元職1名、新人4名の戦いとなりました。

党派別では、自民7、共産3、公明2、立憲2、社民1、国民1、無所属3で、女性候補は6名となっています。

 

前回2015年の仙台市議会議員選挙(青葉区)は定数15名に対し16名が立候補し、現職12名、元職1名、新人2名が当選しました。

 

党派別では自民党6、民主党2、公明党2、共産党2、維新1、社民党1、無所属1で、女性の当選者は4名、投票率は35.42%でした。また、最下位当選者の得票は3310票、次点は2245票でした。








参考:2015年仙台市議会議員選挙(青葉区)の開票結果

結果 得票数 氏名 党派
6839.4 加藤 健一 無所属
6419 佐藤 わか子 民主
6264.015 村上 一彦 民主
6193 伊藤 優太 維新
6089.583 加藤 和彦 自民
5999 菅野 直子 共産
5629 西沢 啓文 自民
5260 花木 則彰 共産
5259 嶋中 貴志 公明
5098 鎌田 城行 公明
4963 樋口 典子 社民
4944 跡部 薫 自民
3729 岡部 恒司 自民
3727 高橋 卓誠 自民
3310 屋代 美香 自民
2245 早坂 敦 地域政党輝くまち

 

前々回2011年の同市議選は、定数15名に対し19名が立候補し、現職11名、新人4名が当選しました。

 

党派別では、自民党4、公明党2、共産党2、民主党1、社民党1、みんな1、無所属4で、女性の当選者は4名、投票率は39.9%でした。また、最下位当選者の得票は4197票、次点は3854.164票でした。

 

今回の2019年同市議選は、前回2015年市議選と比べ立候補者数が増加しているため当選ボーダーラインが下がり3000票前後となると思われますが、投票率や得票の集中・分散により当選ラインは大きく変動する可能性があります。

仙台市青葉区の特徴や抱える課題

仙台市青葉区の特徴

名実ともに東北地方の政治経済の中心である「杜の都」仙台市にあって、青葉区は仙台市中心市街地をかかえる中心地です。

 

区は東西に長く西側は奥羽山脈に属する丘陵地域が広がり、東側には仙台駅、仙台城、仙台市役所、宮城県庁などの主要施設が位置します。

 

また、青葉区中心部のビル群には中央企業の仙台・東北支店が多数入居しており、昼間人口が夜間人口を大きく上回る地域となっています。

仙台市青葉区の課題

仙台市は、東北地方最大の大都市ということもあり他の多くの地方都市とは違い現在は人口が微増傾向にありますが、将来的な人口減少は確実でありその抑制が大きな課題となっています。

 

また、少子高齢化も進んでおり、高齢人口増に伴う福祉施策の重要性も高まっています。

 

青葉区においては、東北の中心である仙台市のさらに中心地域であり人口増加が続いていますが、将来的な人口減少や少子高齢化、福祉施策などが大きな課題であることは言うまでもありません。

 

以上の状況の中、仙台市では仙台市基本計画の中で青葉区の将来ビジョンとして以下4項目をかかげ課題に取り組んでいます。

 

  • 「交流と活力にあふれ未来に歩み続けるまち」
  • 「みんなで支え合い共に元気に暮らせるまち」
  • 「地域がひとつになって安全・安心を築いていくまち」
  • 「杜の都の誇りを次代につなぎ高めていくまち」

 

青葉区は、江戸時代以降仙台の中心である地域であり、名実ともに仙台市が東北地方の中心となっている現在では、この地域の発展の如何が東北全体の将来を左右するとも言えるでしょう。

 

したがって、仙台市議会の青葉区選出議員には市長や行政との協力のもと、仙台市の発展のみならず宮城県さらには東北地方の発展を視野に入れた働きを期待されるのは当然ですが、一方で地元青葉区民の生活に対する視点がおざなりにならないよう十分目配せをした活躍を期待したいところです。

まとめ

以上、仙台市市議会議員選挙2019(仙台市議選)【青葉区選挙区】の開票結果・開票速報情報でした。

選挙権を持っている方は是非投票所へ足を運びましょうね!

情報は随時更新していきます。

▼仙台市議選2019の選挙区情報はこちら▼

error: Content is protected !!