選挙速報・開票結果

仙台市議会議員選挙【泉区】結果速報と開票結果2019 当選者と立候補者の情勢

本記事では2019年8月25日に投開票となる宮城県仙台市議会議員選挙(仙台市議選)の泉区選挙区の結果速報として、確定するまでの開票結果についてリアルタイムでご紹介していきます。

立候補者名一覧と当選者や落選者、選挙情勢や投票率などについてもご紹介します。

▼仙台市議選2019の選挙区情報はこちら▼

仙台市議会議員選挙【泉区選挙区】2019の結果速報と開票結果・当選者一覧情報

仙台市議会議員選挙【泉区選挙区】2019の開票結果は開票速報情報や出口調査情報などが発表され次第、本ページを更新していきます。

投開票まで少々お待ちください。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
9473 細野 敬士 38 立憲 仙台市職員労働組合書記(団体職員)
ほその たかし
7634 古久保 和子 51 共産 政党役員
ふるくぼ かずこ
7555 野田 譲 57 自民 仙台市議会議員
のだ ゆずる
6040 斎藤 範夫 65 自民 政党役員
さいとう のりお
5801 安孫子 雅浩 57 無所属 仙台市議会議員
あびこ まさひろ
5625 橋本 啓一 53 自民 仙台市議会議員
はしもと けいいち
5168 庄司 俊充 70 自民 仙台市議会議員
しょうじ としみつ
4682 佐藤 幸雄 51 公明 仙台市議会議員
さとう ゆきお
4643 小田島 久美子 57 公明 仙台市議会議員
おだしま くみこ
4053 石川 建治 61 社民 仙台市議会議員
いしかわ けんじ
3734 小野寺 健 47 無所属 有限会社ヴィレッジヴォイス取締役
おのでら けん
1086 大内 順 47 無所属 会社員
おおうち じゅん

仙台市議会議員選挙【泉区】2019の立候補者一覧から見る選挙情勢

今回の仙台市議会議員選挙(泉区)には、定数11に対して12人が立候補しました。

党派別、新旧別の内訳は以下の通りです。※()内は女性

 

現職 元職 新人
自民党 4(0) 0(0) 0(0) 4(0)
公明党 2(1) 0(0) 0(0) 2(1)
共産党 1(1) 0(0) 0(0) 1(1)
社民党 1(0) 0(0) 0(0) 1(0)
立憲民主党 0(0) 0(0) 1(0) 1(0)
無所属 2(0) 0(0) 1(0) 3(0)
合計 10(2) 0(0) 2(0) 12(2)

 

現職10名、新人2名の戦いとなりました。

党派別では、自民4、公明2、共産1、社民1、立憲1、無所属3で、女性候補は2名となっています。

 

前回2015年の仙台市議会議員選挙(泉区)は定数11名に対し14名が立候補し、現職10名、新人1名が当選しました。

 

党派別では自民党3、民主党2、公明党2、共産党1、社民党1、地域政党輝くまち1、無所属1で、女性の当選者は2名、投票率は37.5%でした。また、最下位当選者の得票は3292票、次点は1811票でした。








参考:2015年仙台市議会議員選挙(泉区)の開票結果

結果 得票数 氏名 党派
8150 古久保 和子 共産
6423 安孫子 雅浩 民主
6173 野田 譲 自民
5643 橋本 啓一 自民
5493 斎藤 範夫 自民
5227 佐藤 幸雄 公明
4996 庄司 俊充 無所属
4941 小野寺 健 民主
4841 小田島 久美子 公明
4308 石川 建治 社民
3292 柳橋 邦彦 地域政党輝くまち
1811 甲田 涼司 無所属
1772 大久保 三代 無所属
1324 安部 孝雄 無所属

 

前々回2011年の同市議選(泉区)は、定数11名に対し14名が立候補し、現職10名、新人2名が当選しました。

 

党派別では、自民党2、民主党2、公明党1、共産党1、社民党1、みんな1、無所属3で、女性の当選者は2名、投票率は40.8%でした。また、最下位当選者の得票は3946票、次点は2417票でした。

 

今回の2019年同市議選(泉区)は、前回、前々回に比べて少数激戦となっているため当選ボーダーラインが上がる可能性があります。

 

ただ、前回、前々回とも当選者11名に票が集中し最下位当選者と次点の得票差は1500票程度と大きく開いており、今回同じように当選者に票が集中するのか?あるいは落選者もある程度の票を獲得するのか?その集中・分散度合いにより当選ラインは大きく変動すると思われます。

仙台市泉区の特徴や抱える課題

仙台市泉区の特徴

東北地方の政治経済の中心である「杜の都」仙台市にあって、泉区は市の北部に位置し、高度成長期から丘陵部の宅地開発が徐々に進められ、仙台市のベッドタウンとして発展した旧泉市だった地域で、1988年に仙台市に編入合併されました。

 

地下鉄南北線泉中央駅を中心とする「北部拠点地域」、泉ケ岳と七北田川、田園地域などの「泉ケ岳および西部田園地域」、南と北の「丘陵住宅地域」および工業・流通団地一帯の「北部産業地域」で構成されています。

 

泉区の北部には、泉パークタウンインダストリアルパーク、サイエンスパークおよびソフトパークなどの工業・流通団地が立地し、先端産業をはじめとする企業が集積しています。

 

また、1992年に地下鉄南北線が泉中央駅まで延伸され、泉中央副都心計画が推進されたこと商業施設も集約されました。

 

ちなみに、Jリーグのベガルタ仙台の本拠地である仙台スタジアムも泉区内にあります。

仙台市泉区の課題

仙台市は、東北地方最大の大都市であり他の多くの地方都市とは違い現在は人口が微増傾向にありますが、将来的な人口減少は確実でありその抑制が大きな課題となっています。

 

また、少子高齢化も進んでおり、高齢人口増に伴う福祉施策の重要性も高まっています。

 

泉区は、近年人口が増加していますが、生産年齢人口は減少傾向で高齢者人口の割合は増加しており、将来的な人口減少や少子高齢化、福祉施策などが重要であることは言うまでもありません。

 

以上の状況の中、仙台市では仙台市基本計画の中で泉区の将来ビジョンとして以下4項目をかかげ課題に取り組んでいます。

 

  • 市民活動が輝く「賑わいのまち」
  • 泉ケ岳、七北田川などの自然を守り親しむ「憩いのまち」
  • 高齢者がいきいきと暮らし、子育てにやさしい「共生のまち」
  • 災害に強く、犯罪・事故の少ない「安全・安心のまち」

 

仙台市議会の泉区選出議員は市議会の一員として、市長や行政との協力のもと、仙台市の発展のみならず宮城県さらには東北地方の発展を視野に入れた働きが期待されます。

 

ただ、一方では地元泉区民の生活に対する固有の視点がおざなりにならないよう十分目配せをした活躍を期待したいところです。

まとめ

以上、仙台市市議会議員選挙2019(仙台市議選)【泉区選挙区】の開票結果・開票速報情報でした。

選挙権を持っている方は是非投票所へ足を運びましょうね!

情報は随時更新していきます。

▼仙台市議選2019の選挙区情報はこちら▼

error: Content is protected !!