選挙速報・開票結果

仙台市議会議員選挙【太白区】結果速報と開票結果2019 当選者と立候補者の情勢

本記事では2019年8月25日に投開票となる宮城県仙台市議会議員選挙(仙台市議選)の太白区選挙区の結果速報として、確定するまでの開票結果についてリアルタイムでご紹介していきます。

立候補者名一覧と当選者や落選者、選挙情勢や投票率などについてもご紹介します。

▼仙台市議選2019の選挙区情報はこちら▼

仙台市議会議員選挙【太白区選挙区】2019の結果速報と開票結果・当選者一覧情報

仙台市議会議員選挙【太白区選挙区】2019の開票結果は開票速報情報や出口調査情報などが発表され次第、本ページを更新していきます。

投開票まで少々お待ちください。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
6712 佐々木 心 41 自民 仙台市議会議員
ささき しん
6421 貞宗 健司 33 立憲 NTT東日本社員
さだむね けんじ
6019 猪股 由美 41 社民 団体職員
いのまた ゆみ
6006.39 鈴木 勇治 68 自民 仙台市議会議員
すずき ゆうじ
5932 千葉 修平 44 無所属 無職
ちば しゅうへい
5318 佐藤 和子 60 公明 仙台市議会議員
さとう かずこ
5146.61 鈴木 広康 57 公明 政党役員
すずき ひろやす
5019 内藤 良介 43 自民 無職
ないとう りょうすけ
4668 嵯峨 サダ子 71 共産 仙台市議会議員
さが さだこ
4314 小山 勇朗 71 社民 仙台市議会議員
おやま ゆうろう
4068 高村 直也 35 共産 日本共産党職員
たかむら なおや
3983 沼沢 真也 38 国民 仙台市議会議員
ぬまざわ しんや
3106 及川 英樹 45 無所属 おいかわ整体院代表
おいかわ ひでき
752 三山 晋平 35 無所属 無職
みやま しんぺい

仙台市議会議員選挙【太白区】2019の立候補者一覧から見る選挙情勢

今回の仙台市議会議員選挙(太白区)には、定数12に対して14人が立候補しました。

党派別、新旧別の内訳は以下の通りです。※()内は女性

 

現職 元職 新人
自民党 2(0) 0(0) 1(0) 3(0)
公明党 2(1) 0(0) 0(0) 2(1)
共産党 1(1) 0(0) 1(0) 2(1)
社民党 1(0) 0(0) 1(1) 2(1)
立憲民主党 0(0) 0(0) 1(0) 1(0)
国民民主党 1(0) 0(0) 0(0) 1(0)
無所属 0(0) 1(0) 2(0) 3(0)
合計 7(2) 1(0) 6(1) 14(3)

 

現職7名、元職1名、新人6名の戦いとなりました。

党派別では、自民3、公明2、共産2、社民2、立憲1、国民1、無所属3で、女性候補は3名となっています。

 

前回2015年の仙台市議会議員選挙(太白区)は定数12名に対し15名が立候補し、現職9名、新人3名が当選しました。

 

党派別では自民党2、民主党2、公明党2、共産党2、社民党1、無所属3で、女性の当選者は4名、投票率は37.45%でした。また、最下位当選者の得票は3662票、次点は3575.955票でした。








参考:2015年仙台市議会議員選挙(太白区)の開票結果

結果 得票数 氏名 党派
7383 岡本 章子 民主
6124 渡辺 拓 自民
5569.044 舩山 由美 共産
5149.098 鈴木 広康 公明
5099 佐藤 和子 公明
5014 沼沢 真也 民主
4822.901 鈴木 勇治 無所属
4458 嵯峨 サダ子 共産
4454 佐々木 心 自民
4066 柿沼 敏万 無所属
3774 高橋 次男 無所属
3662 小山 勇朗 社民
3575.955 猪股 由美 社民
2741 及川 英樹 地域政党輝くまち
1316 熊沢 孝雄 無所属

 

前々回2011年の同市議選(太白区)は、定数12名に対し17名が立候補し、現職10名、新人2名が当選しました。

 

党派別では、公明党2、共産党2、社民党2、自民党1、民主党1、みんな1、無所属3で、女性の当選者は4名、投票率は41.41%でした。また、最下位当選者の得票は3764票、次点は3484票でした。

 

今回の2019年同市議選(太白区)は、前回、前々回並の立候補者数であるため当選ボーダーラインは同程度の3600~3800票前後となると思われますが、投票率や得票の集中・分散により当選ラインは大きく変動する可能性があります。

仙台市太白区の特徴や抱える課題

仙台市太白区の特徴

東北地方の政治経済の中心である「杜の都」仙台市にあって、太白区は市の南部に位置し、名取川に沿って東西の帯状に伸びる形をしています。

 

JR長町駅周辺を中心とした本市南部の中心地である「南部拠点地域」、その南側一帯の「名取川右岸地域」、丘陵部に住宅団地が連担する「丘陵住宅地域」、豊かな居住環境と山あいの緑と田園の残る「太白山周辺地域」、そして名取川の渓谷をはじめ豊かな自然と温泉に恵まれた「秋保地域」からなります。

 

また、JRと地下鉄が乗り入れ接続する長町駅が太白区内の商業の中心で、長町駅ないしはその周辺に宮城県外を拠点とする金融機関が展開しています。

 

さらに、富沢遺跡や郡山遺跡に代表される埋蔵文化財などの歴史的資源、ユネスコ無形文化遺産に登録された秋保の田植踊などの民俗芸能など文化・観光資源が豊富な区でもあります。

 

仙台市太白区の課題

仙台市は、東北地方最大の大都市であり他の多くの地方都市とは違い現在は人口が微増傾向にありますが、将来的な人口減少は確実でありその抑制が大きな課題となっています。

 

また、少子高齢化も進んでおり、高齢人口増に伴う福祉施策の重要性も高まっています。

 

太白区は、微増する仙台市の中にあっても人口が減少傾向にあり、生産年齢人口は減少傾向で高齢者人口の割合が大きく増加しており、人口減少や少子高齢化、福祉施策などが非常に重要となっています。

 

以上の状況の中、仙台市では仙台市基本計画の中で太白区の将来ビジョンとして以下4項目をかかげ課題に取り組んでいます。

 

  • 災害に強く、安心で健やかに暮らせるまち
  • 豊かな地域資源と文化・スポーツ・芸術が息づく潤いのあるまち
  • 交通利便性が高く、充実した住環境を形成・持続するまち
  • 自然の恵みや豊かさが実感でき、魅力ある都市空間を有するまち

 

仙台市議会の太白区選出議員は市議会の一員として、市長や行政との協力のもと、仙台市の発展のみならず宮城県さらには東北地方の発展を視野に入れた働きが期待されます。

 

ただ、一方では地元太白区民の生活や固有の課題に対する視点がおざなりにならないよう十分配慮した活躍を期待したいところです。

まとめ

以上、仙台市市議会議員選挙2019(仙台市議選)【太白区選挙区】の開票結果・開票速報情報でした。

選挙権を持っている方は是非投票所へ足を運びましょうね!

情報は随時更新していきます。

▼仙台市議選2019の選挙区情報はこちら▼

error: Content is protected !!