選挙速報・開票結果

下仁田町議会議員選挙 結果速報と開票結果2019 当選者と立候補者の情勢

ここでは2019年9月1日投開票の群馬県下仁田町議会議員選挙2019(下仁田町議会議員選挙)の開票結果速報として、確定するまでの開票結果をリアルタイムでご紹介していきます。

その他、立候補者名簿一覧と当選者や落選者の得票数、選挙情勢や投票率などについてもご紹介します。

下仁田町議会議員選挙2019年の結果速報・開票結果

下仁田町議会議員選挙2019の開票結果は開票速報情報や出口調査情報などが発表され次第、本ページを更新していきますので、投開票までお待ちください。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
755.68 堀口 博志 64 無所属 農業
ほりぐち ひろし
502 大手 博幸 55 無所属 製材業
おおて ひろゆき
416 岩崎 正春 69 無所属 会社役員
いわざき まさはる
390.02 岡田 邦敏 62 無所属 無職
おかだ くにとし
383.98 岡田 武二 74 無所属 農業
おかだ たけじ
355.32 佐藤 博 68 無所属 会社役員
さとう ひろし
355 千野 栄治 72 無所属 建材業
ちの えいじ
347 佐藤 公夫 76 無所属 会社役員
さとう きみお
333 木暮 弘元 77 無所属 柔道整復師
こぐれ ひろもと
288 小井土 光弘 43 無所属 木材製材業
こいど みつひろ
252 佐々木 信也 57 無所属 蒟蒻製造販売
ささき しんや
245 島崎 紘一 75 無所属 農業
しまざき こういち
215 小須田 肇 62 無所属 保険代理店
こすだ はじめ
106 伊藤 久米夫 68 無所属 陶芸家
いとう くめお

下仁田町議会議員選挙2019年の立候補者から見る選挙情勢

こちらでは下仁田町議選に立候補した候補者情報から選挙戦の情勢を見ていきたいと思います。まず立候補者一覧です。

氏名 年齢 党派 新旧 主な肩書き
佐々木 信也 57 無所属 蒟蒻製造販売
小井土 光弘 43 無所属 木材製造業
小須田 肇 62 無所属 保険代理店
大手 博幸 55 無所属 製材業
岡田 邦敏 62 無所属 無職
島崎 紘一 75 無所属 農業
佐藤 博 68 無所属 会社役員
岡田 武二 74 無所属 農業
伊藤 久米夫 68 無所属 陶芸家
小暮 弘元 77 無所属 柔道整復師
佐藤 公男 76 無所属 会社役員
岩崎 正春 69 無所属 会社役員
堀口 博志 64 無所属 農業
千野 栄治 72 無所属 建材業

今回の下仁田町議選は、定員12に対して立候補者は14名。前回の2015年と同じ定数で争われます。立候補者は2015年が13名、2011年には同じく12の定数に対して14名の届け出がありました。

 

次に立候補者を分析してみます。現職10新人4元職0人です。

全体の平均年齢は65.86歳と高めの印象を受けます。立候補者世代別人数を見てみます。

年代 人数
30代 0
40代 1
50代 2
60代 6
70代 5

 

60代と70代の立候補者が11人と全体の79%を占めています。最年少は43歳、最年長は77歳で、30代の立候補者はいませんでした。ちなみに党派別人数は以下の通りです。

党派 人数
無所属 14

前回、前々回と同様に全員が無所属での立候補です。

 

下仁田町の町議当選の傾向を把握するために、現職・新人・元職の当選率を2015年、2011年について算出してみました。

2015年 人数(人) 当選(人) 落選(人) 当選確率(%)
新人 1 1 0 100
現職 11 10 1 91
元職 1 1 0 100
2011年 人数(人) 当選(人) 落選(人) 当選確率(%)
新人 2 1 1 50
現職 12 11 1 92

 

2015年は新人と元職が1人ずつ立候補して当選、2011年は新人と現職が1人ずつ落選しています。今回は現職10人に対し、新人4人がどこまで食い込んでいくのか注目です。

投票率は2015年が76.62%、2011年は78.23%を記録しています。

 

2015年の当落を分けた得票数は2票と僅差の激しい選挙戦でした。過去の選挙結果から300票から350票の間が当落を分けるのではないかと予想します。

 

現町長の原氏が前回は422票、前々回は700票の得票数で当選しており、原氏の支持者の投票行動が鍵を握りそうです。

群馬県下仁田町の特徴や抱える課題

下仁田町は群馬県の西南部に位置しています。町の東で富岡市、西で長野県佐久市と軽井沢町、南で南牧村、神流町、藤岡市、甘楽町、北で安中市とそれぞれ接しています。町域は東西17.5km、南北10.25kmにおよび総面積は188.38k㎡を有し、県面積の2.96%を占めています。

 

町面積のうち約84%を山林が占め、北部から西部の長野県との県境にかけて妙義荒船佐久高原国定公園が広がり、妙義山や荒船山等の山岳が連なっていて、日本列島を形成に関する多様な地殻変動の痕跡などの地質遺産を保有していることから町全域が下仁田ジオパークとしして認定されています。

 

1955年3月に旧下仁田町、小坂村、西牧村、青倉村、馬山村が合併して下仁田町が誕生しました。翌年の4月に南牧村の一部を編入し、現在に至っています。

 

平坦部が極めて少なく、東部の鏑川流域に小規模な平野が形成されている他は大部分が山腹の複雑な傾斜地であるため、耕地の区画は狭く分散しています。美しい山並みや清らかな渓流など、豊かな自然に恵まれた農山村で、古くは関東と信州を結ぶ街道により交通の要衝として栄えました。

 

古くから農林業が盛んで、その中でも農業は下仁田ねぎやこんにゃく芋が町の特産物として全国的な知名度があります。下仁田ねぎは加熱することで甘みが増し、とろけるような食感が特徴で、ふるさと納税のお礼品としても人気があります。

 

交通ネットワーク上信電鉄が走り、上信線の下仁田駅が町内にあります。上越新幹線が停車する高崎駅からの所要時間は約55分、上野駅から高崎駅までは上越新幹線で約51分、東京方面からは約1時間50分の所要時間でアクセスできます。

 

高速道路は上信越自動車道の下仁田インターチェンジがあり、東京方面からは関越自動車道の藤岡ジャンクション経由で、約1時間20分で結ばれています。また、長野・諏訪方面からは更埴ジャンクション経由でアクセスできます。佐久市と軽井沢町とは国道・県道によりそれぞれ約40分で結ばれています。

 

下仁田町では、全国の多くの自治体と同様に人口減少と少子高齢化に悩まされています。1960年に20,640人だった人口は2010年には8,911人と50年間で半減し、1950年の過疎地域振興特別措置法を皮切りに過疎地域の指定を受けました。

 

生活環境や産業振興など様々な取り組みを積極的に行い、社会的・経済的な発展は大きな成果を得ましたが、若年層の人口流出は止まらず過疎の解消には至っていません。

人口減少と少子高齢化の進行により、産業従事者が減少し経済活動が衰退することや子供の成長への影響、町税の減少など様々な影響が予想され、各分野において対策が求められています。

 

下仁田町では第5次総合計画を策定し、課題に対応するため5つのまちづくり構想を発表しています。

  • 地域資源を活かした活力あふれるまちづくり ~ 産業・経済の振興 ~

町の産業経済を支える人材の育成・確保に向け、若者が定住するための条件を整備するとともに、各産業で柔軟かつ戦略的に事業展開できる経営体制の充実を図るための支援を行い、地域内経済を支える基盤づくりに取り組みます。

また、山村が持つ豊かな地域資源の活用により、地域産業の総合的な振興策を講じ、経済の活性化と持続力を備えた生活圏域の形成を目指します。

  • 自然と調和し、安心・安全に暮らせるまちづくり ~ 生活・防災の向上 ~

町の豊かな自然を守り、だれもが快適に生活できるよう、道路や公共交通等を整備し、生活の利便性向上を図るとともに、環境や景観に配慮した循環型社会の形成に取り組みます。さらに住環境をはじめ、総合的な生活環境の整備を推進し、移住定住を促進します。

また、日常生活を脅かす犯罪や災害において地域コミュニティとの連携を密にして、防犯、防災に強いまちづくりを目指します

  • だれもが健やかにいきいきと暮らせるまちづくり ~ 健康・福祉の充実 ~

住み慣れた地域で、健康で安心して暮らせる社会の実現に向け、日頃から病気になりにくい体を作るための疾病予防などの健康づくり、子どもを安心して生み育てることができる環境づくり、町民ニーズに対応した福祉サービスの充実や地域で支えあう福祉活動を促進するとともに、適切な医療サービスを受けられる地域医療体制の充実を図るなど、いつまでも健やかにいきいきと暮らせるまちづくりを推進します。

「健康寿命」の延伸に重点を置き、定期的な健診や医療受診による健康管理、日頃からの適切な 生活習慣の定着に向けた保健予防活動に取り組みます。

  • 地域に愛着と誇りを持ち、未来を拓く人を育むまちづくり  ~ 教育・文化の高揚 ~

「下仁田町の教育に関する基本理念・基本方針」及び「下仁田町教育大綱」に沿った学校教育の推進に努め、新たな時代を切り開き、たくましく生きるための基礎を身に付けることができるよう取り組みます。

生きがいを感じて充実した人生を送ることができるよう、多様なニーズに応じた生涯学習や生涯を通じたスポーツ活動の推進、感受性豊かな文化・芸術の担い手育成に努めます。

また、地域文化の継承に努め、下仁田ジオパークと世界文化遺産である荒船風穴等の地域文化財の保存、活用を図り、地域学習を通して地域に愛着を持てる教育と地域の活性化に取り組みます。

  • 町民とともに歩み、協働と連携で創るまちづくり  ~ 町民協働・行政運営効率化 ~

町民満足度の高いまちの実現に向け、町民と行政が互いの役割と責任を自覚し、町民活動団体や企業等と連携を進め、町民協働によるまちづくりを推進します。

また、地方分権の進展や少子高齢化等の社会変化に伴う町民ニーズに対応し、広域連携の検討や町民の視点に立った効率のよい行政運営に取り組みます。

 

過疎地域に指定されるなど、人口減少に悩み続けている下仁田町。東京や信州からのアクセスもよく、豊かな自然が広がっています。

地域資源を活用しての産業の振興策や子どもを安心して生み育てることができる環境づくりを実現し、地域に愛着を持った次世代の担い手づくりが必要です。

町民満足度の高いまちづくりを行い、過疎地域からの脱却を目指す第一歩として、今回の町議選で皆さんの貴重な1票を投じてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、下仁田町議会議員選挙2019に関しての情報をご紹介しました。

地元有権者の方は貴重な投票権を無駄にしないよう投票所へ足を運びましょう。

最後までお読み頂きありがとうございます。

その他2019年9月1日投開票の選挙一覧

error: Content is protected !!