選挙速報・開票結果

富谷市議会議員選挙 結果速報と開票結果2019 当選者と立候補者の情勢

本記事では2019年8月25日に投開票となる宮城県富谷市議会議員選挙2019(富谷市議選)の結果速報として、確定するまでの開票結果についてリアルタイムでご紹介していきます。

立候補者名一覧と当選者や落選者、選挙情勢や投票率などについてもご紹介します。

富谷市議会議員選挙2019の結果速報と開票結果・当選者一覧情報

富谷市議会議員選挙2019の開票結果は開票速報情報や出口調査情報などが発表され次第、本ページを更新していきます。

投開票まで少々お待ちくださいませ。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
1501.16 渡辺 俊一 67 無所属 会社役員
わたなべ しゅんいち
1484 菊池 美穂 31 無所属 家事手伝い
きくち みほ
1259.9 浅野 直子 61 公明 市議会議員
あさの なおこ
1231 長谷川 る美 59 無所属 市議会議員
はせがわ るみ
1128 若生 英俊 69 無所属 行政書士
わこう ひでとし
1114 菅原 福治 69 無所属 市議会議員
すがわら ふくじ
1018 青柳 信義 64 無所属 市議会議員
あおやぎ のぶよし
1016 安住 稔幸 65 公明 政党役員
あずみ としゆき
987 出川 博一 70 無所属 市議会議員
でがわ ひろかつ
966 畑山 和晴 45 無所属 自営業
はたやま かずはる
877 佐藤 浩崇 36 無所属 無職
さとう ひろたか
872 村上 治 62 無所属 無職
むらかみ おさむ
855 金子 透 59 無所属 会社役員
かねこ とおる
726.096 浅野 武志 68 無所属 農業
あさの つよし
714 塩田 智明 67 無所属 無職
しおた ちあき
710 藤原 峻 37 共産 市議会議員
ふじわら しゅん
693.844 渡辺 清美 48 共産 主婦
わたなべ きよみ
692 高橋 正俊 63 無所属 会社役員
たかはし まさとし
687 斉藤 秀行 47 無所属 会社役員
さいとう しゅうこう
654 伊藤 嘉樹 37 無所属 会社員
いとう よしき
621 山路 清一 71 無所属 市議会議員
やまじ せいいち

富谷市議会議員選挙2019の立候補者から見る選挙情勢

8月18日告示され8月25日投票の富谷市議会選挙では、定数18名に対して21名の立候補がありました。

党派別・新旧別の内訳は以下の通りです。

 

 

現職 元職 新人
公明党 2(1) 0(0) 0(0) 2(1)
共産党 1(0) 0(0) 1(1) 2(1)
無所属 12(1) 0(0) 5(1) 17(2)
合計 15(2) 0(0) 6(2) 21(4)

 

 

現職15名、新人6名の戦いとなりました。

 

党派別では、公明2、共産2、無所属17です。女性立候補者は現職2、新人2の4名です。

 

前回2015年の選挙は、定数20に対して29名が立候補し、現職13名、新人7名が当選しました。投票率は52.6%と2011年選挙より2.5%ダウンしました。

 

当選者の最低得票数は2011年で526票、2015年は552票と、ほぼ500票がボーダーラインといえそうです。

 

富谷市は2016年から市制が施行された、若く成長力にあふれた市ですが、前回選挙では30代の当選者が1人、40代の当選者も二人、あとは50代以降と議員の顔ぶれはさほど若返りませんでした。今回の選挙は30代の候補者が4人揃っています。フレッシュな若手と知恵者のベテラン議員の間で、市では真剣な政策論争が交わされています。

富谷市の特徴や抱える課題

富谷市は宮城県中部、仙台市の北にある人口約5万人の街です。江戸、明治時代は奥州街道沿いの小さな宿場で、黒川郡に属する町でしたが、1970年代以降仙台市のベッドタウンとして新興住宅地の開発が始まり、以降人口は一貫して増え続けてきました。92年に仙台市営地下鉄南北線が隣の泉市まで延伸されて仙台市への所要時間が大幅に短縮されてからは、日本の多くの自治体がバブルの後遺症に悩まされて人口を減らし続ける中でもさらに人口が増え続け、2016年から市制を施行しています。

 

50年以上人口を増やし続けた富谷市ですが、今後は全国的な少子高齢化の影響が避けられないと考えられ、市は市制を施行した2016年に市の総合計画を見直し、「100年間ひとが増え続けるまち」を目指して、2060年までに市の人口を6万人にすることを目標にしています。

 

そのために富谷市が推し進めているのが、

「企業誘致による雇用の創出」

「スイーツなどによるシティブランドの確立」

「子育て環境のさらなる充実」

「生活圏を踏まえた暮らしやすさの向上」の4つの基本目標です。

市議会でもこの基本目標に沿った市の施策について討議がされています。「子育て環境」「暮らしやすさ向上」という住民にとって身近な議論が多く交わされていますが、「雇用の創出」「シティブランドの確立」などビジネス的な政策に関わる議論は少ない状況です。

 

今後も市が持続可能な発展を遂げるために必要な政策を深める議員を選ぶための選挙として、今回の市議選は非常に重要です。

まとめ

以上、富谷市市議会議員選挙2019(富谷市議選)の開票結果・開票速報情報でした。

選挙権を持っている方は是非投票所へ足を運びましょうね!

情報は随時更新していきます。

error: Content is protected !!