選挙速報・開票結果

山形市長選挙 開票結果速報2019 情勢予想や出口調査 立候補者 当選者を調査

任期満了に伴う山形県山形市長選挙が2019年9月8日に投開票となります。

9月1日に告示された山形市市長選挙は、いずれも無所属で再選を狙う佐藤孝弘氏(43)=自民・公明推薦と、共産党県委員で団体役員の新人、石川渉氏(45)=共産推薦=の現職VS新人の激しい戦いとなっています。

 

本記事では山形市長選挙2019の開票速報、出口調査当確情報と開票結果、立候補者の経歴プロフィールや公約(マニフェスト)、投票率などについてご紹介します。

 

開票結果はNHKや各種マスメディアによる出口調査情報や情勢調査情報が入り次第随時記事を更新いたします

山形市長選挙2019年の開票結果速報とNHK当確出口調査

山形市市長選挙2019年の開票結果は選挙管理委員会事務局による開票速報やNHK出口調査最新情報が入り次第随時本記事を更新していきます。(開票は午後9時15分から山形市総合スポーツセンター第1体育館(落合町)にて)

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
当選 67908 佐藤 孝弘 43 無所属(自民、公明推薦) 山形市長
さとう たかひろ
11599 石川 渉 45 無所属(共産推薦) 党県委員
いしかわ しょう








山形市長選挙2019年の立候補者のプロフィールや公約

佐藤 孝弘(さとう たかひろ)の経歴やプロフィール

  • 名前:佐藤 孝弘(さとう たかひろ)
  • 現年齢:43歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党、公明党推薦)
  • 肩書き:山形市長(1期目)
  • 学歴:東京都立日比谷高等学校、東京大学法学部卒業
  • 職歴:経済産業省職員、政策シンクタンク東京財団研究員、山形市長(1期目)

大学卒業後、経済産業省に入省、中小企業庁に勤務。その後政策シンクタンク東京財団で研究員として勤務。2011年に無所属で山形市長選挙に立候補するも落選。

その後、NPOチーム山形シティを立ち上げ、2015年の市長選挙に再挑戦して当選、現在1期目。

主な公約・政策主張

佐藤氏は、「市民と共に、希望の山形へ! 」というキャッチフレーズのもと、「中核市という土台に立ち、『健康医療先進都市』に向けて 『市民目線の行政』『チャレンジする市政』を貫き、二期目も全力で働きます!」と訴えて、次のような公約を掲げています。

①健康医療先進都市へ向けた「健康寿命の延伸」

  • 健康づくりを楽しむ「健康ポイント事業」の創設
  • ウォーキング・サイクリングロード整備で「歩きたくなるまち」へ
  • 山形大学医学部の重粒子線がん治療施設と連携した医療のまちづくり

②地域公共交通の利便性向上や買い物支援

  • 地区ごとの地域交通の課題把握とデマンド交通・コミュニティ交通の構築
  • 移動スーパー、買い物バス等の取り組みへの支援
  • 新たな地域公共交通網形成計画の策定と実施

③子育て・教育環境の向上と創造都市の推進

  • 幼稚園、保育所等を利用する3歳児~小学校入学前までの利用料無償化
  • 新学習指導要領に合わせ英語教育、ICT教育の充実
  • 待機児童の解消と放課後児童クラブの整備推進
  • 山形まなび館(旧一小)を文化創造都市の拠点に

④経済活性化・農業振興による雇用創出と財源確保

  • 新産業団地の建設による雇用の確保と経済活性化
  • 戦略農産物の団地化推進と新規就農者支援、小規模農家支援の強化
  • 中心市街地の空き店舗解消と更なる再開発推進
  • 積極的なPRと環境整備による蔵王、山寺、まちなかへのインバウンド拡大

⑤地域福祉の充実と安全・安心のまちづくり

  • 我が事・丸ごと地域づくり推進事業の拡大強化
  • インフラ・施設のバリアフリー化推進と市民の福祉意識向上(心のバリアフリー)
  • 自主防災組織の組織率向上と訓練等への支援
  • 救急救命体制の絶えざるチェックと改善

★その他

連携中枢都市圏の形成による広域連携強化、ふるさと納税のさらなる増額、農産物鳥獣被害対策の推進、「道の駅」の設置、サッカースタジアム誘致推進、商業高等学校(山商)の改築、市南部への児童遊戯施設の建設など継続案件についても引き続き全力で取り組みます!

石川 渉(いしかわ しょう)の経歴やプロフィール

  • 名前:石川 渉(いしかわ しょう)
  • 現年齢:45歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(日本共産党推薦)
  • 肩書き:政治団体役員
  • 学歴:山形大学工学部卒業
  • 職歴:政治団体「明るい民主市政をつくる会」副会長、政党役員

2003年、2005年、2012年、2014年、2017年の衆議院議員選挙に山形1区から日本共産党公認で立候補したが、いずれも落選。現在、日本共産党山形県委員(日本民主青年同盟県委員長)。

「この4年間に山形市の福祉は止まってしまった。この福祉をもう一度取り戻して、福祉先進都市の山形をつくるために全力を尽くして頑張りたい。」と、今回立候補を決意。

主な公約・政策主張

石川氏は、「 4年間の停滞・後退から、福祉先進都市山形を」というキャッチフレーズのもと、「暮らしに安心、子育てに希望を、安心プラン」として、次のような3つの公約を掲げています。

①子育て安心のまち

  • 学校給食費の無償化を小学校から実現
  • 10月からの保育園給食費を無料に
  • こども医療費は高校3年生までの無料化に
  • 学童保育の保育料を軽減

②高齢者安心のまち

  • 介護保険料・利用料の軽減を
  • 介護職員の増員と処遇の改善を
  • 高齢者の足の確保、買い物支援

③暮らして安心のまち

  • 国保税をひき下げる
  • 後継者・家族農業を守る
  • 住宅リフォーム助成制度の拡充
  • 大学進学への返済不要な奨学金制度を
  • 正社員化で若者定住を

山形市長選挙2019年の情勢や争点・当選予想など

再選を目指す現職佐藤氏と新人の石川氏の一騎打ちとなりました。参議院選挙では、野党共闘が身を結びましたが、今回は難しそうです。

立憲民主党や国民民主党などの野党の支持層が棄権に回ることが予測され、投票率が前回(56.94% )を下回るのではないかと懸念されています。

 

石川氏は、共産党支持層以外からどれだけ支持を集められるかがカギになるでしょう。今のところ、自民党、公明党の推薦を受ける佐藤氏の優位は動きそうにありません。

まとめ

以上、山形市市長選挙2019の開票結果速報や立候補者情報、選挙情勢などについてご紹介しました。

山形県では市長選のほか、新庄市長選挙や大江町議会議員選挙も投開票となります。

そして9月8日の注目選挙の1つである岩手県知事選挙2019についても情報をお届けしますので是非チェックなされてください▼

その他2019年9月8日投開票の選挙一覧

error: Content is protected !!